« Six Feet Underについて | トップページ | Project Runwayについて »

2006年4月22日 (土)

The O.Cについて

The O.C  オーシー

Oc: Complete Seasons 1&2 (14pc) (Sub) DVD Oc: Complete Seasons 1&2 (14pc) (Sub)

発売日:2005/08/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今アメリカでティーンに大人気のドラマです。オレンジ・カウンティーというカリフォルニアの高級住宅地を舞台に、高校生とそれを取り巻く家族や友人の話。ドラマとしては、ほんとメロドラマです。ビバヒル現代版といったかんじでしょうか。ファッションや音楽がティーンに受けそうな今のものを先取りしてるので、それも人気のある理由だと思います。

でも第一シーズン見て凄い面白いなーと思ってたのですが、だんだんマンネリしてきて次のシーズン買うかどうか迷ってます。っていうのも、凄い面白いんだけど、今の時点でちょっとマンネリしてるなーと思ってるし、今3シーズンやってるらしいんだけどいつまで続くか分からないからです。もっと様子をみてから考えます。

パイロットは、不良少年ライアンは兄と車を盗みつかまってしまう。そこで、バブリック・デフェンダー(公の弁護士みたいです)であるサンディーに、何かあったらいつでも連絡しろーって言われて釈放してもらう。家に帰ったのはいいけど、母親のボーイフレンドとケンカになって家を出ていくはめになる。で、困ったライアンはサンディーに電話して、一時家に泊めてもらうことになる。家には奥さんのキルステンと息子のセスがいるんだけど、キルステンはライアンのことをよく思ってない。一方オタク(っていってもかっこいい)のセスは以外にもライアンと仲良くなる。

ちょっとしたきっかけで、ライアンがセスの隣の家に住む美人のマリッサに誘われてファッションショーに行くことになる。そこで、セスが好きな女の子でマリッサの親友のサマーやマリッサの恋人でかっこいいルークなどが出てきて、その後の展開の主要なメンバーになっていく人が出てきます。

ファッションショーのあとのパーティーで、セスがルークに絡まれているのをみたライアンはルークと殴り合いになる。

次の日、問題を悟ったキルステンはライアンをこれ以上家において置けないと自分の家に連れて帰るようにサンディー言う。結局ライアンは自分の家に帰るのだが、家には誰もいなく置手紙だけが残されていた。それを見たサンディーは、ライアンをつれて車に戻る。

っていうのがパイロットです。

このTVの特徴は、

①展開が早い

各エピソードで重大な事件が次々と起こります。まず、一話目でライアンがサンディーの家に住むことになるのが分かるし、次のエピソードからはキルステンの所有する家が燃えたり、銃の発砲事件とかありえねー!っていう展開が次々に起こります。なんていうかほんとにメロドラマです。でもそれが面白かったりします。

②ファッションと音楽

ティーンに人気というだけあって、やっぱりみんなの着てるものがかなりおしゃれです。でもSEX AND THE CITYみたいなおしゃれとはちがいます。西海岸らしいカジュアルなギャルっぽい感じの服をきています。この中で、特にセスはすごいおしゃれだなーと思ってみてるんですけど、ヨーロッパカジュアルみたいな格好をしてます。スケボーとか乗っちゃったりして、オタクって役だけど単にこだわりが強いんでしょうね。ルークはサーファーらし格好でいかにもって感じです。

音楽は、今流行りのオルタナティブロック系とかPOP系の音楽が流れます。はやってるからどこかで絶対聞いたことあるなーみたいのから、けっこう知られてないものまで様々ですが、基本的に元気系の音楽です。

お勧め対象

・気楽にドラマを楽しみたい人

・高校生とか大学生

・TOEIC550くらいから。結構話してる英語は簡単だと思います!

|

« Six Feet Underについて | トップページ | Project Runwayについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The O.Cについて:

« Six Feet Underについて | トップページ | Project Runwayについて »