« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月25日 (金)

ザ・ホワイトハウスSeason1の感想

ザ・ホワイトハウス ― ファースト・シーズン コレクターズ ボックス DVD ザ・ホワイトハウス ― ファースト・シーズン コレクターズ ボックス

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ザ・ホワイトハウスSeason1すべて見終わりました。ほんとうによく出来たドラマで、アメリカの政治について理解できると思いました。あと、ほとんどの出来事が会話だけで成り立っているのに面白いのは脚本が上手くできているからなのでしょう。

最後はアメリカの海外ドラマではお決まりのクリフハンガー(続きが気になるように終わらせること)でした。

時間があったらSeason2を見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 2日 (水)

ザ・ホワイトハウス

ザ・ホワイトハウス  The West Wing

ザ・ホワイトハウス ― ファースト・シーズン コレクターズ ボックス DVD ザ・ホワイトハウス ― ファースト・シーズン コレクターズ ボックス

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近見始めました。NBCのドラマで本国ではもう放送は終了したと思います。前まで日本でもNHKでやっていました。当時見たときはなんてつまらないんだ!と一話見ただけでやめてしましましたが、今見てみるとその面白さがわかってきます。前までは大統領が主役だから水戸黄門系で悪を徹底的に制してアメリカ万歳みたいなドラマだと思っていました。実際は、大統領がメインというよりは、そのもとで働く、広報部や補佐官、報道官といった人々の仕事とちょっとした私生活を物語のなかにその働く人々の一人として大統領が出てきます。

ドラマの部類は個人的にはスピードやリアルさなどから判断するとERのようだという印象を受けました。

でもこれ英語はほんと難しいです。これが理解できれば英語はほんとに完璧です。ERの方は視覚的に何が起こってるか判断できるのに対して、これは会話の中でドラマティックな展開が生まれるのでその点は全く違います。また、話している内容も高度で、スピードも速いので話しについていくのも(日本語字幕でさえ)大変です。2回みてわかる部分もたくさんあります。アメリカの時事問題を扱ってるし、政治ネタ、人種間のジョークなんどもたくさんあるのでアメリカについてしらないとつまらないかもしれません。実際私もまだまだわからない部分があるので、ドラマの中でわかりやすく解説されてる部分以外はそのあとインターネットで調べて、なるほどーとやっと理解できます。

今の時点で8話くらいみました。今のところもうちょっと、ネガティブな面を入れてもいいくらい物事がうまく解決してしまうので、悲劇てきな場面を期待します。学生や大人の方にお勧めするドラマです。ちなみに、アメリカではこのドラマが学校の教材として取り上げられることもあるそうです。アメリカ社会のこともわかって、英語の勉強にもなるので一石二鳥ですね!まさに高いレベルの英語学習におすすめの海外ドラマと言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »