« Doing Grammar | トップページ | ファミリー・ガイの日本版DVD »

2007年2月21日 (水)

Illusions: The Adventures of a Reluctant Messiah

Illusions: The Adventures of a Reluctant Messiah

数年前に、かもめのジョナサン の原書Jonathan Livingston Seagull を借りて読んだのですが、洋書を読むのになれてなかったこともあって、文は読めても理解が出来ませんでした。そんなこともあって、同じ著書Richard Bach のIllusions: The Adventures of a Reluctant Messiah を読んでみました。日本語版はイリュージョン―悩める救世主の不思議な体験 として出ています。

まず、ちょっとレトロで黒をベースにして真ん中に羽が描かれているこのきれいな表紙が好きです。

話は、小型飛行機でお客を乗せて生計を立てているリチャードがメシア(救世主)のドンとであって一緒に行動を共にしていきます。そこで、リチャードはメシアからいろいろと学んでいきます。

文はシンプルでそれほど難しい言葉は使われていませんが、一文一文丁寧に読んでいかないと気づかない、たくさんのいい話、クオテーションがちりばめられています。

メシアとリチャードの会話のやりとりも面白いです。こういったファンタジー(?)というかリアリスティックでないものはあまり読んだことがないので、テーマはきちんとつかめませんでした。しかし、描写がきれいで、話も面白いので、なぜか何回も繰り返して読みたくなるようなお話でした。

英語はシンプルな文ですが、ほんとに理解するのは難しいと思いました。レベル的にはTOEIC500以上くらいだと思います。

|

« Doing Grammar | トップページ | ファミリー・ガイの日本版DVD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Illusions: The Adventures of a Reluctant Messiah:

« Doing Grammar | トップページ | ファミリー・ガイの日本版DVD »