« Queer As Folk のイギリス版とアメリカ版 | トップページ | シックス・フィート・アンダーのクレアの歌 »

2007年2月 4日 (日)

Quote35:Six Feet Under307:Timing & Space

Six Feet Under: Complete Third Season (5pc) (Ws)

Six Feet Underのシーズン3のエピソード7のTiming & Spaceから。

クレアとラッセルがアートストアに二人で買い物に行った後に、ラッセルは買うべきだと言ったのにクレアが高すぎて買えないといった絵の具をラッセルはクレアのためにこっそりと買っていたというシーン。

Russell :"I have this theory, that every now and then a person should get what they want right when they want it. It keeps you optimistic."

theory=理論  every now and then=時々、たまには   right when=ちょうど~の時に  optimistic=楽観的な

久々に英語の表現です。Six Feet Underで好きなキャラクターの一人でもあるラッセルがクレアに言うシーンです。凄く良い言葉だと思うんですけどどうでしょうか。欲しいものを欲しい時にゲットすべき。だなんて自分もそんな考えを常に持ち続けてたいものです。

|

« Queer As Folk のイギリス版とアメリカ版 | トップページ | シックス・フィート・アンダーのクレアの歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Quote35:Six Feet Under307:Timing & Space:

« Queer As Folk のイギリス版とアメリカ版 | トップページ | シックス・フィート・アンダーのクレアの歌 »