« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月27日 (火)

OZ season4 感想

Oz: Complete Fourth Season (3pc) (Std Dub Sub)

さいきんサボって英語にほとんど触れてなかったのですが、唯一見ていたOZのシーズン4を見終わりました。

OZは一回のエピソードでたくさんの出来事が起こるので、シーズン初めのほうにあった事件を忘れてしまってることもあります...。

OZを見てて凄いなーと思うところは、メインのキャストでセリフがなくてもOzの刑務所内をエキストラのようにうろつきまわっていて、撮影されているところです。普段の囚人の生活っぽくさせるようにそうやって演出するのが凄いです。

あとは、キャストの人数です。インパクトのあるキャラでも次の週には殺されてしまったり、はじめはエキストラで出てたっ囚人役がだんだんといい味をだしてきたりと、メインのキャストは誰かと言ったら答えられないくらい多いです。このままだと、シリーズが終わるまでシーズン1から最後まで(生き)残っている囚人キャストは一握りでしょう。

英語は難しいです。もちろん難しい英語を使っているのではなくて、汚い英語で早口でいろいろなアクセントがあるからです。これを見た後にThe O.C、Felicity、Six Feet Underを見るとなんて聞き取りやすいんだ!って思います。

以下はOZのオープニングシークエンスです。ほとんど今までのエピソードから映像使ってます。

以下は、元弁護士のトバイアス・ビーチャーです。これはシーズン1からですが、今では考えられないくらい出てきたときと違うので載せておきます。

そして以下は、Ozの中で一番かっこいいそして、人を上手く操るライアン・オーライリーがつかまったとき。これもシーズン1です。この捕まり方、かっこよすぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

Little BRITAIN  リトル・ブリテン

Little BRITAIN/リトル・ブリテン ファースト・シリーズ Vol.1 DVD Little BRITAIN/リトル・ブリテン ファースト・シリーズ Vol.1

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

イギリスBBCのコメディのリトル・ブリテン。WOWOWで放送しているので紹介します。

実は少ししかみたことありませんが、まだ私には、何が面白いのかまったくわかりません。多分、何回か見てると慣れてきて、面白いと感じてくるのかもしれませんが....。ミスター・ビーンのように。

内容は、Matt LucasとDavid Walliamsの二人が主に、いろいろなキャラクターに扮してたくさんのショートコントを30分で放送するもの。

笑いのジャンルとしては、ひねりがあるわけでもなく、滑稽であからさまな笑いです。例えば、ゲイ、女流作家、先生、車椅子の男などさまざまなキャラがステレオタイプなキャラを笑いにするようなもの。

これを見てて、イギリスの語学学校などで見せられたコメディを思い出しましたが、全て似た笑いだなと感じました。それらは、イギリスに住むパキスタンの家族の映画とイギリスの皇室のキャラに扮してのコメディでした。ヨーロッパの国々の生徒はそれを見てかなり大笑いしてましたが、私にはさっぱりで、こんなつまらないのに笑っちゃうの!?ってそのときは驚きました。

知り合いの、日本に住んでたイギリスの子も、大人気のコメディドラマ「オフィス」(Office: Season One (Ws Sub Dol))などのイギリスのコメディは 、周りの友達は面白いっていってるけど自分には何が面白いのかわからない。と言っていました。オフィスは見たことないので、これは見て確認するしかないですが...。

面白いと思えれば、はまるはず。英語もブリティッシュ英語でアメリカの英語に慣れてる私には新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

The OCレンタル開始

Oc: Complete First Season (7pc) (Std Sub Dol)

The O.C の日本版DVDが発売になりますと前にも書きました。といってもThe O.Cは本国では打ち切りになり、ついこの前最後であるシーズン4が終わりました。日本版を発売することになる直前でなんともタイミングが悪いですが...。

どうやら、The OC <ファースト・シーズン> Vol.1The OC <ファースト・シーズン> コレクターズ・ボックス1The OC <ファースト・シーズン> コレクターズ・ボックス2 の3点をばらばらに買ってシーズン1が全部揃うということらしいのですが、これはありえないですね。ということで、英語を勉強したくてどうしても見たいのなら海外のDVDを買うことをお勧めします。そちらはバラ売りではないのでお買い得です。

ということで、買う前に、The O.Cが3月23日にツタヤでレンタル開始なので、そちらを見てから考えてもいいですね。

The O.Cで注目なのがサマー役のRachel Bilsonです。彼女の私服がほんとお洒落です。あとセス役のAdam Brody も。二人はお似合いカップルで私生活でも付き合ってたのですが、別れてしまいました。ほんとに可愛くて2人で犬の散歩しているとこなんて、雑誌の中のスナップかと思うくらいだったのに...。

過去記事

The O.Cについて

The O.C. 4シーズンで打ち切り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

Entourage: Season Three Part 1のDVD

Entourage: Season Three Part 1 (3pc) (Ws Dub) DVD Entourage: Season Three Part 1 (3pc) (Ws Dub)

発売日:2007/04/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

HBOドラマのEntourageのシーズン3のDVD(アメリカ仕様)が発売されました。パート1となってることから、シーズン3は2つに分けて放送するみたいですね。

まだ見ていないので、早く見てみたいです。

以下はEntourageのシーズン1とシーズン2からのビデオクリップです。

過去記事

"男版 sex and the city" Entourage アントラージ について

Entourage ジョニー・ドラマがキレるシーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 6日 (火)

Les Poupées russes  ロシアンドールズ The Russian Dolls

ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2

最近見た映画の中で自分の中で上位に位置する映画です。ロシアン・ドールズ スパニッシュ・アパートメント2 は、スパニッシュ・アパートメント の続きで、バルセロナで過ごしたグザビエを中心に他のグザビエと関わる登場人物の5年後を描いています。題名でもある"ロシアン・ドールズ"は、グザビエに言わせると、恋愛は次が最後かなと思っても次にまた人形があるのではないかと思うロシアンドールズのようだということから。

作家として歩むことを決め5年。30歳になったグザビエはパリでゴーズトライターやソープオペラの脚本の仕事をこなしている。元彼女マルティーヌとスペインでのルームメイトで友人イザベルとの交流は今でも続いている。仕事の関係で、グザビエはスペインでのルームメイトだったウエンディと脚本の仕事を一緒にすることになる...。という話。

凄く良く出来たストーリーとか、最後にハッピーエンドで感動とかそういう話ではないのですが、この作品の雰囲気が大好きです。ハリウッドでは見れないヨーロッパならではの作品だと思いました。パリ、ロンドン、ロシアを舞台に、見ててテンションが上がります。留学などでヨーロッパに行ったことがある人または行ってみたい人は、若者の生活が上手く描かれているので見たら絶対に楽しめると思います。

レズビアンの友人イザベルをおじいちゃんに婚約者として紹介する場面や、彼女と喧嘩して裸で追いかける場面、ウエンディの彼氏が付きまとってぶち切れる場面など、笑える場面もたくさんあります。

マルティーヌ、イザベル、ウエンディなどの服装もカジュアルでお洒落で真似したいなと思うような格好でした。ファッションと言えば、映画の中でグザビエがプレゼントにドレスを買ったKOOKAI(クーカイ)はイギリスに行ったときに若い女の人に大人気のお店でした。

あと、音楽も最高でした。サントラ欲しいです。

英語ではなくフランス語が主ですが、他の言語を話す人とコミュニケーションをとるときの参考になると思うのでお勧めです。

下のは前作スパニッシュアパートメント

ロシアンドールズ

関連リンク

ロシアンドールズのサイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

大草原の小さな家 Little House on the Prairie

DVD 大草原の小さな家 シーズン1

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007/06/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小さいころ見ていた「大草原の小さな家」の日本版DVDが発売されます。発売日は2007年の6月ですが...。かなり懐かしいです。また見てみたくなりました。

実際にアメリカでは、1974年から1983年とNBCで放送されたものなので、まだ私が生まれてもいないのに、なんでこの作品インパクトがあるのでしょうか。毎回と言っていいほど、感動させられる場面があり、泣かせてくれました。

テーマはまさに家族愛です。頼もしいお父さん、優しいお母さん、可愛い子供達と、今はもうあそこまで愛情にあふれた番組を作ることは不可能でしょう。だからこそ今見てみたいです!

英語も今の海外ドラマと比較しても絶対わかりやすいはず!

YouTubeで番組のイントロを発見。あまり記憶にないけど、こんな感じだった気がします。ローラだけが走ってる、もしくはあるいてるイメージがあったのですが...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »