« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月18日 (月)

2009/5/18 今日の学習 

□今日の学習□

☆映画「天使と悪魔」を見に行きました。

□感想□

絶対見に行くと決めていたダ・ヴィンチ・コード で有名なダン・ブラウン原作の映画「天使と悪魔」を見に行きました。

感想は....

本を買って読んでみたい!!

と思いました。

残念ながらそれほど面白い!と思えませんでした。まず真犯人ですが、予告がテレビで流れていた段階から×××・×××××だろーなとわかっていたのですが、実際にそうでした。トムハンクス以外に有名な俳優で、怪しい人間と言ったら一人しかいませんよね(゚ー゚)
タイムリミットまでに、誘拐された教皇候補らを救い出さなくてはいけないのですが、殺され方がなんとも惨くてそのへんはハラハラしてしまいました。よくもまあ実際にある場所を結びつけてストーリーを考えられるもんだなぁとストーリーの凄さに興味がうつっていってしまい、映画にはそれほど引き込ませんでした。
やっぱり、トムハンクスがラングドン教授というかっこいい役にはまってないところが、いまいちだった理由なのかもしれません。
なんにしても、ダヴィンチコードも圧倒的に原作の方が面白かったので、こちらもそうなんじゃないかなーという気がしました。
個人的にはDVDになるのをまってからでも良かったです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

2009/5/14 今日の学習 

□今日の学習□

Six Feet Underseason2のエピソード4を見ました。


□感想□

今回見た海外ドラマはSix Feet Under。亡くなったMossbackさんの遺体をネイトとクレアがシアトルまで引き取りに行くというエピソードでした。ネイトがいかにプレイボーイで女泣かせだったのか、今回のエピソードでわかります。ネイトのルームメイトだったリサはブレンダとは対照的で、いるだけで癒し効果がある人だなーと思いました。ブレンダも今の自分になにか物足りなさを感じネイトと距離をとり始めているし、ネイトもブレンダとの仲が前ほどうまく言っていないこととさらに病気の発作で不安を感じ始めているよう。雲行きがあやしくなってきました。
なんかこの人と人の関係がとてもリアルに描かれてるんですよね〜。これだから本当にSix Feet Underはやめられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

2009/5/12 今日の学習 

□今日の学習□

It's Always Sunny in Philadelphiaのseason1のエピソード7を見ました。
伝わる・揺さぶる!文章を書くを読み始めました。


□感想□

最近なまけぐせがついいてほんとヤバいです。PCを開く気にもなれないくらいです。
ま、そういうときもあるさ!ってことで本題。It's Always Sunny in Philadelphiaですが、今回のチャーリーが性的虐待(molested)にあってた!?っていうエピソード。題名もそうですけど、内容も時々ブラックすぎて凄いなって思っちゃったりします。

伝わる・揺さぶる!文章を書くは、読み始めたばっかりですが、伝わる文を書くために必要な方法が書かれてあるようなので、読んで損はないと思い手にとってみました!

あと最近好きな曲Ne YoのMadです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

2009/5/7 今日の学習 

□今日の学習□

smart.fmで単語の勉強をしました。


□感想□

ゴールデンウィークの間は、飲みやら旅行やらで勉強はさっぱりしませんでした(涙)てことで、休日明けの今日は単語の勉強をやったのみで終了〜!!頑張れ自分!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

2009/5/1 今日の学習 

□今日の学習□

☆翻訳の通信講座の課題を提出しました。

英語以外は...
O型自分の説明書をよみました。



□感想□

今日は翻訳の英語→日本語へ訳した課題を提出しました(*゚ー゚*)ちょっとサボリ癖がでてあんま勉強できてないです。
あと、血液型の本!笑 自分はB型なんですけどね。サプライズのプレゼントでもらっちゃいました。なんでO型の本をくれたのかというと、私もB型だし(家族全員B型)友達もB型が多いのでB型のことはわかりきってるだろ!ということらしいです。
勉強になるかどうかは別として、Thanks a lot!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »